2016年11月の測定結果


●No.1081 自主 測定日11/4
 「山梨県産 もち麦」 0.814kg 4000秒
 Cs134…N.D.(<2.36) Cs137…N.D.(<3.36)

●No.1082 自主 測定日11/10
 「鳥取県産 うるめ鰯」 0.271kg 4000秒
 Cs134…N.D.(<6.69) Cs137…N.D.(<9.45)

●No.1083 依頼 測定日11/11
 「宮城県産 玄米」 1.034kg 4000秒
 Cs134…N.D.(<1.79) Cs137…N.D.(<2.51)

●No.1084 自主 測定日11/11
 「宮城県産 秋鮭」 0.662kg 4000秒
 Cs134…N.D.(<2.77) Cs137…N.D.(<3.89)

●No.1085 自主 測定日11/21
 「北海道産 真昆布」 0.126kg 4000秒
 Cs134…N.D.(<16.46) Cs137…N.D.(<22.98)
 ※函館市産

※順に「測定番号」「種別」「測定日」「検体名」「重量」「測定時間」「放射性セシウム134の結果」「放射性セシウム137の結果」(ともにBq/kg)「備考」を表します。

※測定結果の「N.D.」は、「Not Detected」=「不検出」を表します。カッコ内の数値は検出限界値を表します。検体の量が少ないと検出限界値は高くなります。

※通常の単位「Bq/kg」ではなく「Bq/㎥」で評価すべきエアフィルターなど一部の検体については、重量を「※」として表記していましす。便宜上、「1(kg)」を入力して値を計算しています。

※土壌の測定結果については、採取の方法が統一できていないため、「Bq/kg」→「Bq/㎡」に変換できません。