【重要】Qベクをご支援いただいている皆さまへ 2012.4.25


【Qベクをご支援いただいている皆さまへ 2012.4.25】
※2012.5.6更新

たくさんの方々のご協力をいただきまして、おかげさま
で昨日24日、メーカー(応用光研株式会社)に測定器
購入代金450万円弱の振込みを完了することができま
した。どうもありがとうございました。

測定器の納品予定日は5月16日(水)と決まりました。
当初は「4月もしくは5月に測定スタート」と発表させ
ていただいておりましたが、現在の予定では「5月7日
(月)事前予約スタート、6月1日(金)測定スタート
というスケジュールで考えております。
→「5月14日(月)納品
  5月15日(火)事前予約スタート
  6月15日(金)測定スタート」
 と変更になりました。※2012.5.6更新

次回のミーティングを、連休中ではございますが、5月
5日(土)14時からQベク事務所にて行う予定にして
おります。主な議題は「会員制の確定」「測定結果の公
開基準の確定」「肥料の測定を受けるか否か」などです。
ぜひ皆さまにもご参加いただけましたらと思います。

なお、皆さまからいただいたカンパは、「事務所の敷金
・礼金・家賃(2月から借りて準備をしてきました)」
「チラシの印刷費」「看板代」「測定室の改修(スタッ
フ自分たちで作業をしております)」などにも使わせて
いただいております。また、これからの測定試料(検体)
の購入費にも充てていきたいと思っております。

設立支援にご協力いただいた皆さまへお礼を申し上げる
とともに、今後ともQベクをご支援いただきますよう、
よろしくお願い申し上げます。

※設立支援カンパをいただいた方は、今年度の「会員」
 とみなす方針で最終調整しております。当初、別途に
 会費を…と考えておりましたが、その方針を改める予
 定です。
※イベントや店頭などに置かせていただいたカンパ箱に
 浄財を入れていただいた方については、こちらでお名
 前や連絡先を把握できておりません。3000円以上
 を入れていただいた方については、お手数ですが、ご
 連絡いただけましたら、「通信会員」とみなしてこれ
 か1年間、通信を郵送させていただきたいと思ってお
 ります。よろしくお願いいたします。

QQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQ

放射能市民測定室・九州(愛称「Qベク」)

〒813-0041 福岡市東区水谷2-11-36
Tel&Fax 092-410-4516
E-mail info@q-bq.com
HP http://q-bq.com/
Twitter https://twitter.com/#!/q_bq
Facebook http://www.facebook.com/qbqkyushu

QQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQ

7 generations walk:7世代先の未来への希望と、7世代前のご先祖様たちの営みに感謝。


Qベクの事務所の2階はもともと住居だったということもあり、お泊りいただくことができます。布団はまだ買っていないので(まだいただいていないので(?))、宿泊するといっても寝袋になりますが…。先日20日(金)の夜、初めてのお客様がお泊りになりました。なんと4名も!! その方たちとは…

7 generations walk」の皆さんです!

7 generations walkとは、7世代先の未来への希望と、7世代前のご先祖様たちの営みに感謝し、「命の繋がりの中で歩き、生きたい」と願って、2009年から毎年、各地の人たちと交流しながら全国を歩いています。今年は3月11日に沖縄を出発、11月3日の富士山をめざしています。今回縁あって、福岡での交流会会場としてQベク事務所を使っていただき、その晩、2階の和室に泊まられた…というわけです。

「歩く」という行為は、いたって単純です。しかしだからこそ歩くことで「私たちは大地や太陽、水などによって生かされている」という単純な事実を思い出すことができるのかもしれません。福岡の都市部で生活していると、なかなか土に触れる機会が少ないですが、忘れてはいけないのは「アスファルトの下にも土がある」ということ。いずれにしても「土(大地)に生かされている」わけです。その想像力だけは忘れずに持ち続けていたい、と感じた交流会でした。

宿泊されたのは4名だけでしたが、交流会には子どもも含めて30名くらいはいたかと思います。参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

(担当:本河)

市民による測定の意義・・・(「「内部被ばく」こうすれば防げる!」レポート)


「内部被ばく」こうすれば防げる!

4月7日(土)、花見日和なぽかぽか陽気の中、約30名の参加者で漢人さんのお話を聞きました。漢人さんは東京都小金井市で、1990年から20年以上にわたって市民たちの手で放射能測定を続けてこられました。

きっかけは1986年のチェルノブイリ事故。

漢人さんたち小金井市民は1988年、放射能測定を求める陳情を市議会に提出しました。議会でスピード採決されたものの、なかなか市が動いてくれず、1990年にようやく、市が測定器を購入し、市民が運営を行うという形で測定がスタートしました。市としては職員を配置する維持管理費までは出せないということで、こういう形に落着したんだそうです。現在も、市と協定を結んで「小金井市放射能測定器運営連絡協議会」が測定しています。

3・11が起こるまでは、小金井市では毎年80件ほどの食材を測定していました。その多くはND(=検出されず、検出限界10Bq)だったそうですが、2008年に測定したブルーベリーワインからセシウム137(半減期は約30年)が検出されたことがきっかけで、ブルーベリー製品24検体を測定してみたそうです。測定してみるとなんと12検体から10Bqを超える値を検出。2010年に測定したブルーベリーコンポートからは100Bqを超える高い値も検出されました。

一方、2009年にはブルーベリー果汁から490Bqもの値が検出され、輸入規制の対象としたことを厚生労働省が発表。そのほかにも続々と輸入規制基準370Bqを超えるブルーベリー製品が出てくることになりました。この事実は、20年以上たったチェルノブイリ事故も「まだ終わってはいない」ということを物語っていると思います。

3・11後も、市民による測定によって初めて高濃度汚染食品が見つかるという事例が出てきてますが、小金井市のブルーベリーの一件はその先駆けとも言える事例であり、市民による測定の意義がよく理解できた気がします。

市民による測定は、件数も多くはありません。
検出限界もそれほど高い精度ではありません。(精度の高いゲルマニウム半導体検出器は値段が高く、市民カンパではなかなか手が届かないのです。)
ずっとNDが続くかもしれません。(九州だったなおさらかもしれません。)
しかしそれでもなお、地道に測定し続けることの意義を漢人さんから教わった気がします。
もし九州で高い値が出たときは、全国に与える影響はきっと大きいことでしょう。

学習会後、漢人さんは語ってくれました。
「放射能は「測定」しなければ存在が認識できないものなので放射能の存在と被害の継続をアピールするために「測定」は必須だということです。チェルノブイリは過去の出来事ではなく、いまだに現在進行形の「測定」が必要な状況にあり、拡散先の世界中に影響しているし、深刻な事態の中で暮らしている人たちがいる。その事実から目をそむけず、発信する確かな方法として「測定」し続けることは大きな意味があると思っています。」

なお、最後になりましたが、参加者の皆さまへお礼申し上げます。今回「資料代200円+カンパ」という形で学習会を行いましたが、資料代200円分を含めて総額20,960円をいただきました。たくさんのカンパ、どうもありがとうございました。

「ニャンコセンセイ」を探しています!(振込みについてのお願い)


4月に入って、目標の500万円に向かって急ピッチでカンパが集まってきております。ようやく目処が見えつつあるところです。あともう一歩、皆さまのご協力をいただけたらと思っております。

さて、振込みの際に、あえて匿名の方や、本名ではなくニックネーム(?)で振り込まれている方が何名かいらっしゃいます。測定開始後、測定結果などの通信を送ったり、振込み額によっては測定料金の割引やそのほか特典なども検討しているところです。なので、匿名やニックネームで振り込まれた方もぜひ事務所へ一本ご連絡をいただきたいと思っております。(また、住所が確認できない方も何人かいらっしゃいます。振込み時にご連絡先を明記いただきますよう、よろしくお願いいたします。)

現在、つい最近「ニャンコセンセイ」という名前で振込みされた方を探しております。もしこのブログをご覧になられていましたら、ぜひ事務所でご連絡ください。よろしくお願いいたします!

4月20日(金)夜「7 generations walk 交流会 in Qベク」!


Qベクのためのキャンペーンイベントという位置づけではないのですが、20日(金)の夜、Qベク事務所の2階で下記のイベントを行います。会場提供といった形で協力させていただいております。

7世代先のためのウォーク「7generations walk」が始まっています。3/11に沖縄を出発し、今週後半に福岡入りされます。

それに合わせて、ふじいもん(藤井芳広くん)が糸島(19日(木))と福岡市東区(20日(金))での交流会を企画しています。20日(金)の会場がQベク事務所の2階です!

walkerたちはこのあと四国~関西と歩いていきます。

とっても素敵な方たちですので、ぜひ遊びに来られませんか~??

walkの日程 http://7gwalk.org/walk2012/schedule/schedule.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

4/19 「7generations walk 糸島交流会」のお知らせ

 7世代先の子どもたちに何を残していくか、歩きながら学び、学んだことを伝えながら歩いている「7generations walk」が4/19に糸島に到着します。

 そこでwalkerたちを迎えたお話し会を古民家八百屋「伊都安蔵里」で開催し、3/11に沖縄を出発し、沖縄・九州各地を歩いてきた彼らとともに、これからの暮らしについて想いやアイデアやビジョンをシェアし合いたいと想っています。

 糸島周辺にお住まいのみなさま、ぜひご参加ください。

 またwalkerたちは、4/19は唐津から糸島まで歩き、4/20は糸島から博多まで歩きます。
 それに参加し、一緒に歩くことも可能です。

※歩かれる方は持ち物や参加方法などHPでご確認ください。
 http://7gwalk.org/walk2012/index.html

日時:4月19日(木)18時~21時

場所:伊都安蔵里(いとあぐり)
  (住所)糸島市川付882
  (電話番号)092-322-2222
  (HP)http://itoaguri.jp/

参加費:縄文式 → http://7gwalk.org/walk2012/help/jyoumonsiki.html
   ※お金というカタチだけでなく、食べるもの、情報、気持ちなど、みんなでシェアできる
    ものを持ち寄り、歩いていくエネルギーにしたいと考えています。

お問い合わせ:090-5543-9149(ふじいもん)
       yo.a.ke_no_melody@docomo.ne.jp

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

4/20 「7generations walk 博多交流会」のお知らせ

 7世代先の子どもたちに何を残していくか、歩きながら学び、学んだことを伝えながら歩いている「7generations walk」が4/20に博多に到着します。

 そこでwalkerたちを迎えたお話し会を「Qべク~放射能市民測定室・九州~」で開催し、3/11に沖縄を出発し、沖縄・九州各地を歩いてきた彼らとともに、これからの暮らしについて想いやアイデアやビジョンをシェアし合いたいと想っています。

 博多周辺にお住まいのみなさま、ぜひご参加ください。

 またwalkerたちは、4/20は糸島から博多まで、21日は博多から赤村まで歩きます。
 それに参加し、一緒に歩くことも可能です。

※歩かれる方は持ち物や参加方法などHPでご確認ください。
 http://7gwalk.org/walk2012/index.html

日時:4月20日(金)19時~21時

場所:Qべク(放射能市民測定室・九州)
  (住所)福岡市東区水谷2-11-36
  (アクセス)JR・西鉄千早駅から徒歩5分
  (HP)http://q-bq.com/

参加費:縄文式 → http://7gwalk.org/walk2012/help/jyoumonsiki.html
   ※お金というカタチだけでなく、食べるもの、情報、気持ちなど、みんなでシェアできる
    ものを持ち寄り、歩いていくエネルギーにしたいと考えています。

お問い合わせ:090-5543-9149(ふじいもん)
       yo.a.ke_no_melody@docomo.ne.jp

※「7 Generattions Walk」とは
「7世代先の子供達の為に生きよ」というインディアンの教えを受け継ぎ、2009年に大阪から東京まで700キロを歩く。
2010年は名古屋で開催されたCOP10(生物多様性世界会議)に合わせ、長野から東京までと、山口県上関から名古屋までの二回のウォークを行う。
2011年は「7 Generations walk meets The Longest walk 3」と題し、アメリカ大陸を横断。
2012年、3月11日に沖縄を出発し、11月3日富士山でのゴールを目指して歩き出す。

【再案内】4月7日(土) 内部被ばくの学習会を行います。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【Qベク】設立応援企画 学習会
  漢人あきこさん「「内部被ばく」はこうして防げる!」
    4月7日(土) @中央市民センター

  ※11:00~12:30で確定です。
  ※当日参加も大丈夫です。
  ※子連れOKです。託児は用意しておりません。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

現在私たちQベク(放射能市民測定室・九州)では
5月の放射能市民室のスタートをめざして準備中です。

一方、東京都小金井市では、
26年前のチェルノブイリ原発事故を受けて、
市民が議会に陳情し、市が食品の放射能測定器を購入。
市民による食品の放射能測定が続けられてきました。

その20年以上にわたる経験を踏まえて、
小金井市の漢人あきこさんが今年2月に
「「内部被ばく」こうすれば防げる!」を出版。

昨年3月11日の東日本大震災・福島第一原発の事故による
新たな放射能汚染が進行するなか、
測定室に寄せられた様々な質問や不安の声に、
漢人さんがお答えします。
 
■日 時: 4月7日(土) 11:00~12:30
      ※時間帯が若干変更になる可能性があります。
       事前に必ずお問い合わせください。 → この時間帯で確定です。
       (Qベクのブログでご案内します)
■会 場: 中央市民センター 視聴覚室 (福岡市中央区赤坂2-5-8)
■アクセス:地下鉄赤坂駅2番出口より徒歩5分、
      明治通り赤坂門バス停より徒歩5分、
      国体道路警固町バス停より徒歩3分
■参加費: 200円(会場代・資料代)+Qベクへのカンパをお願いします!
■主 催: Qベク(放射能市民測定室・九州)
■申込み: 092-410-4516(Qベク)、090-6426-0901(本河)

☆Qベク(放射能市民測定室・九州)って・・・?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◇市民の・市民による・市民のための測定室です。
◇2012年5月から食品の放射能測定スタート予定!
◇測定器購入のためのカンパ募集中! 目標額500万円!
◇ガイガーカウンター貸し出し中! 1泊2日、1000円~。
◇フリースペースに放射能、原発、自然エネルギー、
 環境問題、食、農に関する書籍を取り揃え中です。
 情報交換の場としてご利用ください。

◇呼びかけ人・賛同人:
 中村肇、荒木龍昇、安藤栄雄、荒川謙一、石丸初美、歌野敬、
 梅崎由美子、大中幸子、甘蔗珠恵子、木村京子、中村賢一、
 中村隆市、兵藤聖二郎、本河知明、向原祥隆、安田朋、山中陽子
◇顧問:
 崎山比早子(元放射線医学総合研究所主任研究官、医学博士)、
 戸田清(長 崎大教授)、豊島耕一(佐賀大教授)、
 藤田祐幸(物理学者、元慶応大助教授)

◇〒813-0041 福岡市東区水谷2-11-36
◇Tel&Fax 092-410-4516
◇E-mail info@q-bq.com
◇HP http://q-bq.com/
◇Blog http://q-bq.com/blog/
◇Twitter https://twitter.com/#!/q_bq 
◇Facebook http://www.facebook.com/qbqkyushu

【拡散希望】放射能市民測定室・九州(Qベク)よりカンパのお願い


【放射能市民測定室・九州(Qベク)よりカンパのお願い】

 わたしたちQベクは、市民の・市民による・市民のための
放射能測定室を立ち上げようと、昨年10月より議論を続けて
きました。

 今年1月に応用光研工業社製の「FNF-401」という
機種を発注し、4月末~5月上旬の納品を待っているところ
ですが、まだその購入費用が十分に集まっておりません。目
標額500万円(うち測定器購入費が450万円弱)に対し、
4月1日現在まだ「243万円」という状況です。

 年度の変わり目の時期でもあり、また、すでにさまざまな
活動を取り組んでおられる皆さまにお願することは心苦しく
もありますが、どうかご協力いただきますよう、心よりお願
い申しあげます。

・Qベクとは?(呼びかけ人ほか)→http://q-bq.com/about/
・機種について→http://q-bq.com/blog/?p=86
・測定料金・依頼方法(予定)→http://q-bq.com/request/

◎寄付の振込先:ゆうちょ銀行
 記号番号 01700-0-71535
 加入者名 放射能市民測定室・九州

◆一口50000円 × __口 ※主に企業様向け
◆一口10000円 × __口 ※主に団体・個人向け
◆一口3000円 × __口 ※主に個人向け

※他行からの振り込みの場合は、
 一七九店(店番179) 当座 0071535 です。

※上記額にこだわらず、お振り込みください。1000円~。

※現在、年会費5000円~の会員制を検討中です。
 1万円、5万円を振り込まれた方は、カンパ額をそのまま
 会費として扱い、会員とみなす予定です。
 3000円を振り込まれた方は、差額分を追加でお振り込
 みいただくことで、会費とみなす予定です。
 特典などの詳細はまだ検討中です。ご了承ください。

QQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQ

放射能市民測定室・九州(Qベク)

呼びかけ人代表:中村肇(ナチュ村)
測定室室長:木村京子
広報担当:本河知明

〒813-0041 福岡市東区水谷2-11-36
Tel&Fax 092-410-4516
E-mail info@q-bq.com
HP http://q-bq.com/
Twitter https://twitter.com/#!/q_bq
Facebook http://www.facebook.com/qbqkyushu

QQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQ