【活動報告】「内部被ばくを生き抜く」上映&シンポジウムを開催しました


「Qベク5年生」記念を兼ねて、7月30日に鎌仲ひとみ監督の『内部被ばくを生き抜く』の上映会を開催しました。

鎌仲監督の「グラデーション」という言葉が深く印象に残っています。−−−低線量の放射線は安全である、に始まって、どんなに微量でも危険があるまで‥‥、汚染もまたまだらなグラデーションを地上に描いている−−−。
信じられるものがない中で生き抜く努力をつづける人々の元に足を運び、話を聞き、何が一緒にできるかを模索した監督の答えの一つがこの映画だったのですね。内部被曝に警鐘を鳴らしつづけた肥田舜太郎医師(3月に逝去)、チェルノブイリやイラク、福島の医療支援をしている鎌田實医師、東大アイソトープ研究所所長の児島龍彦医師、チェルノブイリから100kmのゴメリ州で45年小児科医を勤めているスモルニコワ・バレンチナ医師という4人の医師の話を柱にしたこの映画は迷う親たちの道しるべになったのではないでしょうか。

福島で話を聞くにつけ、「知ってたら逃げてた。原発のこと、何にも知らなかった」という嘆きに何度も出会った監督。もう一つの答えとして、「原子力防災講座」を開き、「原子力防災カルタA to Z」も作ろうとしているそうです。
あまりに興味深かったので、ちょっと紹介してみます。
「A あなただけの防災マニュアル」
「B バイアス(正常性バイアス)に気をつけよう」
   ‥‥正常性バイアス:ほんとは危険が迫っているのに、きっと大丈夫、
     なんてことない、と安心しようとする心理のこと
「D どっち?どこまで?逃げたらいい?」
「E エスケープ!逃げろ!逃げろ!」
「G ガイガーカウンター 一家に一台」
「H 早め早めのアクションを!」
   ‥‥率先的避難者となることが隣人の避難を促す力になりますよ
「I ヨウ素剤を用意」
「K 靴を寝室に用意」
「N ネバー・ギブ・アップ」
‥‥ 英語、日本語入り混りのカルタに会場大爆笑でしたが、改めて衝撃を受けたのが、「D どっち?どこまで?」。「風向きに直角に車で」と漠然と考えていたのがまるで使えない案だと指摘された気がしました。県や市に聞く避難マニュアルによれば、私たち30km圏外は、原則屋内退避。つまり避難させないことになっているし、圏内の避難者を乗せた車でおそらくは渋滞がおきているはず。あるいはガス欠で捨てられた車で通行不可‥‥。我が家だけの防災マニュアルが大事なのは、こういうことなんだなあと自分の危機意識の薄さにしばし呆然となりました。いやあ、家族と話し合って「D」を決めておかねば。

参加者の二人に一人がアンケートに答えてくださいました。多かったのが「3・11がだんだん遠くなっていた」「集団線量について初めて知った」「覚悟して生きなくてはならない理不尽さ」等々。

トークではエアサンプラーを開発したQベクスタッフや顧問の物理学教授・豊島先生との対談も交え、具体的で興味深い会だったとおもいます。

市民自身の手で測定することは自分の身を守る第一歩です。Qベク6年生へ向けて、これからも皆さんの協力をお願いしたいと思います。心からよろしくお願いします。

170730kamanaka

エアサンプラー担当者のブログができました~


Qベク自慢の「エアサンプラー」! 担当者のブログが、このQベクのブログとは別にオープンしました。開発に伴ういろんな秘話(?)や苦労話を書いています。ぜひ一読を~!

http://kazuhikooqui.asablo.jp/blog/

年末年始休業のお知らせ&新年に向けてのご挨拶


ご連絡が遅くなりましたが、Qベクの年末の営業は21日(金)で終了いたしました。年明けの営業は1月8日(火)からとなります。12月22日(土)~1月7日(月)はお休みをいただきますので、ご了承ください。

さて、Qベクの会員の皆さま・寄付をいただいた皆さま・ご協力者の皆さまに向けて、12月20日に「Qベク通信 vol.2」を郵送いたしました。ページ数の計算を間違えてしまい、10月下旬までの分しか測定結果を掲載できておりません。次号にその続きを掲載いたします。申し訳ございません。

最後になりましたが、Qベク代表の中村と、測定室長の木村からの通信用の原稿をもって、年末年始のご挨拶に代えさせていただきたいと思います。2013年もQベクをよろしくお願いいたします。

沢山の皆さんのカンパや利用に支えられてQベクの1年を無事終えることが出来ました。ありがとうございました。

九州で測定室を本当にやって行けるのだろうかとの不安はありましたが、必ず必要とされるだろうとの想いで放射能市民測定室を創って来ました。北九州市のガレキ問題、産地偽装や放射能汚染の拡大など、熊本の医師小野俊一氏によれば九州でも、奇形の植物が発生しているとの報告もあります。確実にフクシマの放射能は世界中に拡散しつつあります。

私たちQベクは、少しでも「放射能を可視化する」ことを目指して多くの人たちと繋がって行きたい活動して来ました。最近、熊本や久留米や日田などの農家から土や農産物などを計って欲しいとの依頼が来ています。九州の生産者にも放射能への不安は広がりつつあります。Qベクはなるべく沢山の検体を測定しながら、少しでも不安の解消につながって行けるよう頑張ります。そしてこれ以上放射能汚染を広げない為にも全ての原発を無くす活動の一翼を担って行きたいと思います。来年もQベクをよろしくお願いします!

放射能市民測定室・九州 代表 中村肇(ナチュ村)

「福岡に、市民のための放射能測定室を」と準備をスタートさせてからほぼ1年、そして測定業務を開始してから約半年。ひたすら学ぶことばかりの日々でした。

我が「Qベクさん」(測定器のこと)は、春から夏、秋・冬の測定環境条件で、時には測定担当者を悩ませつつも、律儀にバクバクと試料を飲み込んでは、きちんとデータを出しつづけています。

ボランティアスタッフとして関わって下さる方々には、福島事故により、放射能の恐怖から目をそらすことを拒否した「避難者・家族」が少なくありません。

測定を依頼される方々は、ふだんの食品を、とりわけ子どもさんに食べさせるものを測りたい方が多いのですが、食育や食べもの運動に関わる生産者や食品業者の方も。山口では、ネットワークで測定品を決め、折々に測定に来られる方もいます。最近は、海産物を海外に輸出するための添付資料として必要なのでという関西の企業からの依頼がありました。測定料の安さがポイントだったのでしょうか。

依頼品、自主測定品に加え、環境試料(北九州瓦礫焼却関連)も測定テーマになりました。塵を捉まえる「エアーサンプラー」の試作を重ねて、持ち込んで下さる方も登場しました。

九州・福岡での測定ニーズは必ずしも高くはありませんが、Qベクならではの測定機能をこういう出会いを重ねて培っていけたらと思います。

この1年間、たくさんの方々の支援をいただいてきました。脱原発の活動が、再稼働をめぐって急がれる状況ですが、それを下支える測定室であることを受けとめていただいたと思います。来年に希望を託して、心からのお礼を申し上げます。

放射能市民測定室・九州 測定室長 木村京子(九電消費者株主の会)

測定結果の公表が滞っています・・・


9月21日(金)の測定結果を最後に、ここ3週間分の測定結果の公表が滞っております。申し訳ございません。3週間分まとめて来週の頭くらいに作業したいと思います。

おかげさまで10月1日(月)からの「測定料金1000円キャンペーン」にあわせて、たくさんのご依頼をいただいております。ありがとうございます。ただし、その測定に追われて結果の整理が追いついていないというのが現状です。

今日は「1000円キャンペーン」の最終日。今日もしっかり測定の予定が埋まっております。いちおう「今日の閉店時間17時までに測定のお申し込みをいただいた方まで含めて、「1000円」を適用」しようと思っておりますので、駆け込みのお0申し込みも大歓迎(? 本当は定価のときにご依頼いただきたいですが(笑))です! ただし、測定自体は来週以降となりますので、その点はご了承ください。順番に測っていきます。

ちなみに、この3週間のご依頼の中に、昨年3月下旬から11か月間、神奈川県内で使用されていた「空気清浄器のフィルター」がありました。もちろんずっと室内で使用。311からの10日間くらいは窓を開けていたこともあったそうですが、この空気清浄器を購入以降、窓は目張りをして閉め切っていたそうです。
そういう環境で使用されていた空気清浄機ではあったのですが、「Cs134が40.16±2.77Bq、Cs137が62.09±4.27Bq」という結果が出ました。通常の食品の測定の場合「1kgあたり●●Bq」として公表しておりますが、フィルターの場合は、フィルターの重さ自体は意味がない数字ですので、今回は「11か月でCs合計102Bqを集塵した」という意味でご理解ください。

7日(日)に北九州で「定点観測」のためのミーティングを開催しました!


先日7日(日)18時半から、北九州の「定点観測」に向けたミーティングを開催。Qベク顧問の豊島先生(佐賀大)による「エアサンプラー」の講習も行いました。すでにいくつか装置を作られている荒川さんからも、装置の説明をしていただきました。約25名くらいの方が参加していただきました。ありがとうございます!

エアサンプラーの定点観測協力者の方には、荒川さんに製作をしていただいた装置をお渡しして(費用は協力者の方が荒川さんへお支払いしていただくという形でお願いいたします)、それを使って定点観測していただくことになります。まだあともう少し協力者を募集しております。

初めて土曜日営業をしてみて・・・


「1,000円キャンペーン」中ということで、今回は土日も営業しています(8日(月)の体育の日のみお休みします)。平日とは違い、今日は家族揃ってお越しいただく方が多かったですね~。明日も営業しますが、15時以降は佐賀大・豊島先生のレクチャーがあります。主にスタッフ向けのレクチャーという位置づけですが、どなたでもどうぞ~。

「土壌を入れた容器は、ちょっと・・・」というご意見について


「本当は検体を返却してもらいたいんだけど、土壌なども一緒に調べている容器に入った検体を返してもらうのは、ちょっと・・・」という声を耳にしました。それについてお答えします。

●Qベクではマリネリ容器(検体を入れる容器)を5つ持っています。それぞれ食品用と土壌用と区別して使用しています。
●すべての検体は、ビニール袋(もったいないですが、検体ごとに使い捨てしています)に詰めた状態でマリネリ容器に入れて測定しています。なので、検体が直接マリネリ容器に触れることはありません。
●ただし、マリネリ容器にぎゅうぎゅうに詰めるために、検体を裁断・粉砕などする作業を行います。

以上の点をご検討のうえ、返却希望か廃棄希望かご連絡ください。

藤田祐幸さん講演録「市民が測るということ、そこから見えてくるもの」


遅くなりましたが、6月30日のオープン記念イベントで講演していただきました藤田祐幸さんの講演録をアップします。豊島耕一さんの講演録はもうしばらくお待ちください。

「市民が測るということ、そこから見えてくるもの」藤田祐幸(最終版)